カーリースとカーローンはどっちがお得なのか?

お客様から、事業用の車の購入に際して「リースが良いのか?ローンが良いのか?」という相談を受けることがあります。

一概に「こっちが絶対良い!」を言えるものではないのですが、主に税務・会計・資金繰りの点に絞って、いくつかポイントを挙げて比較していきたいと思います。

トータルの現金支出

カーリースで期間満了後に車を買い取る場合とカーローンを全額返済するまでを比べると、トータルの現金支出額としてはカーリースの方が高くなるケースが多いでしょう。

カーリースのメリットとしては「車の所有者はリース会社なので車検費・保険料・自動車税などの支出が発生しない」という点があるのですが、実質的にはこれらの金額分をリース会社に借りているのと同じなので、この分についても分割手数料(利息)が発生し、その分高くなるイメージですね。

また、カーリースは残価設定のものが多いですが、残価部分にも利息はかかってきますので、残価設定なしローンと比べるとさらにトータルの金額は高くなるケースが多いです。

※カーリースの利率の方がカーローンの利率よりも小さいケースもあるので、上記とは異なる場合もあります。

※カーリースで期間満了⇒返却を想定しているとしても、多くの場合はカーローンで購入⇒売却の方がトータルの現金支出額は少なくて済むと思われます。

経費にできるスピード

カーローンの場合は「減価償却」という手続きで車の購入金額は経費になっていきます。
(減価償却の制度の説明はこちら⇒記事リンク

カーリースの場合は、基本的には支払った金額がそのまま支払ったときの経費になります。

どちらも経費になることは変わりないのですが、法人の場合は基本的にはカーローンの方が経費にできるスピードは速くなります。

その理由は、法人の場合は一般的には「定率法」という計算方法で車を償却していくことになり、この方法では購入当初ほど経費を多く計上できるためです。

またカーローンで購入するのが中古車の場合は、経費にできるスピードはさらに速まります。

※一気に経費にするよりも、緩やかに経費にする方がトータルの節税効果が高いことも十分あり得ます。(特に個人事業主)

※個人事業主の場合、カーリースで期間満了⇒返却よりも、カーローンで購入⇒売却の方が税制的にトクをする可能性があります。車の購入価格は期間を通して全額経費にできる一方で、売却利益は(長期)譲渡所得に該当することであまり課税されない可能性があるためです。

直近の資金繰り

車は保有したいが、直近ではキャッシュが不足していて困っている。。

そういった当初の資金繰り面では、カーリースの方が余裕が出てきます。

カーローンは頭金が必要なことが多いですが、カーリースは基本的に頭金不要のためです。

直近ではお金はないがどうしても…という場面では、カーリースは本当にありがたいシステムだと思います。

会計処理

カーローンの場合は、「車両運搬具」という”資産”と、「借入金」という”負債”を決算書に載せる必要が出てきます。

一方カーリースの場合、多くのケースでは資産・負債として決算書に載せる必要はなく、支払ったときに「リース料」で処理すればOKです。

かなりシンプルになるので、社有車を数多く所有する会社では、こういった観点からもリースが好まれたりします。

まとめ

以上、「トータルの現金支出、経費にできるスピード」という点では、カーローンに軍配が上がることがわかりました。

一方で、「直近の資金繰り、会計処理」という点では、カーリースに軍配が上がります。

これらの点を踏まえてどう判断するは人それぞれですが、私個人的には資金繰りに困っていない限りはカーローンの方が良いのではないかと考えています。

資金的余裕があり当面の設備投資の予定も無いのならもちろん、現金一括購入が望ましいのは言うまでもないでしょう。)

その他、金銭面以外で考慮すべきポイントとしては、以下のようなものがあるかと思います。

  • 点検などのメンテナンス面では、カーリースの方が楽
  • 月々の支払いが一定になるという点では、カーリースの方が予測を立てやすい
  • 改造・カスタムはカーリースの場合はできない
  • カーリースで期間満了後に車を返却するときには、予想外の清算金がかかる可能性がある
  • カーリースの場合は、基本的に途中解約できない。(カーローンの場合は残ローンを一括返済すれば売却できる)

なお、カーリースについて解説しているネット上の記事は、リース会社が運営しているものが多く、リースのメリットだけを強調していることが多いです。記事を公開しているHPの運営者は誰なのか、注意して見るようにしましょう。