税理士試験免除申請書類をどの郵便局から出すか?

先日、大学院の最終試験(口頭試問)が終わりました。
色々と指摘は受けたものの、大きな修正は不要ということで無事終了。

修正が必要な個所は、ちょっとした誤字脱字のみ。これについては、先ほど完了しました。
論文関係は、これでひとまず終了です。お疲れ様でした。
大学院関係であと必要なことは、修了式に参加するのみです。

ここで最後に気を付けないといけないことは、税法免除関係の手続きです。
ここでの手続きの1~2日の遅れが、免除決定通知の到着の大きな遅れ(⇒税理士登録の大きな遅れ)につながるという噂がまことしやかに流れているのです。

ぬかりのない私は勿論、終了式当日に、修了証明書&成績証明書&指導教授の証明書をゲットし、郵便局のゆうゆう窓口(土日祝日営業の窓口)で速達郵送をする予定。

さらなる懸念点は、どのゆうゆう窓口から送付するか、という点です。
近いところから出すことに越したことはないでしょう。

免除関係書類の提出先は「東京都千代田区霞が関3-1-1 国税庁内 国税審議会」です。

最寄り郵便局の候補は、
①麹町郵便局:千代田区九段南4ー5ー9
②銀座郵便局JPタワー内分室:千代田区丸の内2-7-2
のいずれかです。Googleマップで①⇒国税庁のルートの時間を調べたところ、車で8分とのこと。一方②は7分とのこと。
単純な物理距離として考えても、②の方が近いです。

ということで、終了日当日は必要資料を貰ったら速攻で銀座郵便局に向かおうと思います。
最後の最後まで気は抜けないですね。

(以下、2020/3/23追記)

1年以上前の記事ですが、これを参考にして「②銀座郵便局JPタワー内分室」から郵送する人もいるかと思ったので追記します。去年(2019年)の郵送後の追跡結果は↓のとおり。

つまり、分室ではない方の「銀座郵便局」から送るのが最速のようです。
(所在地:〒100-8799 東京都中央区銀座八丁目20-26)

仕組みはよく分からんのですが、「銀座郵便局JPタワー内分室」は東京中央郵便局が管轄しているみたいですね。