国徴&院免税理士のキャリアプラン

先日、とある事業会社の面接を受けたところ、税理士試験に5科目合格してて実務経験もあるのに税理士登録はしていない、という人が面接官でした。
事業会社の一社員なので、所属税理士となることもできないし、ただの会費のムダだから登録していないのでしょう。

税理士になりたくてもなれない人がいっぱいいる一方、このような人がいるのも事実です。
僕なんて国徴&院免の税理士ルートなので、色々と突っ込まれてしまいました。。

事業会社の社員であれば上のとおりであり、さらに所属税理士も、資格が必ず必要というわけではないはずです。
税理士資格はもちろんあった方が何かとやりやすくなるでしょうし給料も上がるのかもしれませんが、所属税理士となったところで自分が責任を持って署名押印するようになるわけでもなく、やることは資格取得前と変わらず。
資格を本当に必要とするのは、所長、つまり開業税理士だけです。

さて、僕は国徴&院免の税理士ルート。
資格取得にこだわり、早く確実に税理士になるために、この割り切ったルートを選択しました。
取得後の自分の身の振り方を考えると・・
まず事業会社の一社員として生きていくなら、このルートの価値はほとんど無く、所属税理士として生きていくにしても、良いルート選択とはいえないのだろうなと思います。