大学院の意義

僕は、一般企業の経理部の一員に過ぎません。
ですが、大学院の同級生の大半は、税理士事務所or税理士法人の職員です。

彼らからは、いろんな話を聞きます。
今までの経験に基づいた、法制度のおかしな点や、不合理な点など。

一般企業の経理としては、関わることのない話は多いです。
特に相続税・贈与税やら、所得税は。。
経理職としてやっていく限り、必要人される税法は、法人税、消費税、所得税のうち源泉所得税くらいですから・・

大学院に通い、周囲の人と話したりするにつれ、自分の知識・実務経験不足を実感します。
この程度の実務経験じゃ、税理士なんて自信を持って名乗ることはできないな。
そういう気持ちもあって、転職を決意したものでもあります。

そういう、周囲との比較。
そういう意味でも、大学院に行って、よかったなと思います。
ひたすら筆記試験の勉強をして、税理士になったところで、今以上の危機感を持つことができたのであろうかと。

人から聞く話で、学ぶことは多いです。特に税法免除大学院は、実務経験豊富な人が多い。
それを痛感する大学院生活。確かに学費は高いですが、今のところ、僕は、大学院に行ったことに、後悔は無いです。
税理士試験とは、また別種の、学ぶところが多くあります。
ひたすら理論暗記をしたり、計算パターンを習熟したり・・・
それらとは別個のものがある、と私は感じてます。