面接(口頭試問)

面接では、主に以下のような質問をされました。
「志望理由を聞かせてください」
「研究計画書の内容を説明してください」
「現在はどのような仕事をしていますか?」

その後、研究計画書の内容について「○○とは具体的にはどのような事かわかっていますか?」的な質問もいくつかされました。
想定されるQ&Aについては自分なりに対策を考えていたので、何とか対応できたと思います。

志望理由は「税理士になるため」と正直に言ったので、「どのような税理士になりたいのか?」ということにも結構時間を割いて質問されました。
今振り返ると、抽象的な税理士像しか語れなかったので、もっと具体的なことを言えれば良かったのだろうと若干後悔です。

他にも、自宅からの通学は大丈夫か、等々の確認などもありました。

総じて、試験というよりも転職活動の面接のような感じだな、という印象を持ちました。
人間性を見ているのだろうと思います。
教授も人間ですからね、人間的に不快に感じる人の論文指導なんてしたくないのでしょう。