税理士登録に必要な書類「確定申告書 or 住民税課税証明書」

税理士登録時に必要な書類、その内の一つの「確定申告書 または 住民税課税証明書」。今回はこれの注意点について記事にしたいと思います。

税理士として登録を受けるためには、当然に、所得の適正申告が必須です。直近2年分、適正に申告をしていることを証明するために、これらの書類が必要ということになっています。

確定申告をしている場合は、確定申告書のコピーを付ければ良いというただそれだけの話ですが、多くの人は会社員であり、年末調整で完結していることでしょう。 そういう人は、「住民税課税証明書」を準備する必要があるのです。

見慣れない書類ですよね。これを取得するためには、基本的には市役所等の窓口に行く必要があります。非常に面倒で、時間も結構かかるようです。

ここでポイントなのが、実はこの書類、地域によってはコンビニでも取得できるのです。例えば新宿区など。前提としてマイナンバーカードが必要ではあるのですが、全く待ち時間無しに取得することができるので、とても便利です。

なお、「登記されていないことの証明書」と同様に、この書類も日税連と所属する税理士会のそれぞれに提出する必要があるため、請求する際は2通を請求することに注意しましょう。