家族の確定申告書作成は税理士法違反か?

このサイトの検索キーワードを見たところ、「法人 役員の確定申告作成 税理士法 違反」というのが目に留まりました。

⇒答.もちろん税理士法違反です。
自分以外の他人が、自分の確定申告書を作成することを許されている者は、税理士のみです。
これは無償独占業務とされています。つまり、無償でやっても違反であるということ。

さて、ここで問題は、家族の確定申告書を自分が作ってあげた場合はどうなるのか、ということ。
これは実際問題としてはザラにあることだと思います。

⇒答.これも税理士法違反です。
freeeのページにも書いてあります。↓
https://www.freee.co.jp/kb/kb-kakuteishinkoku/agency/

ただし、「代筆」については認められています。
つまりどういうことかと言うと、もし本人ではないということで税務署職員に咎められた場合には、、

「あくまで本人の代理で“提出”しにきた」
もしくは
「〇〇(腕を骨折した、手をケガしてペンが握れないなど)の理由で“代筆”した」

という回答でなければ不受理の可能性があるということです。(上記freeeのページ参照)

まぁとにかく気を付けるべきは、本人以外の確定申告書を作成することは、税理士にしか認められていないということ。
これが原則的なルールなので、面倒な事態を避けたいのであれば、このことはしっかり把握しておく必要がありますね。