大学院受験から修了までに要する時間

税法免除の論文は、もう完成しました。

ここまで達するのは、なかなか大変でした。。
しかし、試験勉強とは違って、努力すればするほど2科目免除には確実に近づくので、試験勉強の日々よりも達成感のある日々だったと思います。
論文作成だけでなく、その他の講義も、仕事に役立つものがあったと思います。
忙しい日々でしたが、人生が着実に前進している気分で、悪くない日々でした。

さてここで、自分が大学院受験から修了までに、どれくらいの時間を要したのか。
その試算をしたいと思います。

といっても、超ザックリとした印象で、平日1~2時間、休日5~6時間を割いていたかな、という実感です。
1年生の夏休みはかなり遊んでましたが、その分2年の夏~冬が忙しかったので、平均するとこんな感じかと。

つまり、1年365日のうち平日240日、休日125日として、おおまかに240日×1.5時間×2年+125日×5.5時間×2年=2,095時間ほどでしょうか。大体2,000時間ぐらいってことですね。

時間だけで考えれば、2,000時間で2科目免除、選択必修(法人or所得)も含めて免除されるというのは、大きなメリットですね。