税理士とAI

昨今、AIが流行っています。
この流れの中、「AIで消える職業」というのを、よくネットでも見ます。

その中でも、いつも消える職業ランキング上位なのが、経理事務や会計士・税理士の仕事。
果たして、本当にAIの進展により、税務・会計の仕事は消えていくのでしょうか?

例えば、請求書に基づいて仕訳をする作業。
会計事務所で言う「記帳代行」ですね。これは間違いなく、AIの進展により消えゆく仕事でしょう。
領収書・請求書を画像として読み取り、金額や内容を把握し、適切な科目で仕訳する。
データが蓄積されるほど、自己学習が進み、質も向上していくことでしょう。

でも僕は、逆にAIの進展をチャンスにできるのではないかと思います。

税理士がAIを活用した自計化を、お客さんに積極的に提案できるようになれば、
お客さんにとっては、税理士に記帳代行としての費用を払わなくても良くなります。
記帳代行のような報酬単価の安い仕事は、税理士だってやりたくないでしょう。

そんな記帳代行よりも、「どのように経理事務を効率化するか。ひいては会社経営を、
AIや各種システムを使ってどのように改善させるか」というコンサルをやっていくような
税理士になりたいものです。あくまで、AIを活用した自計化はとっかかりにすぎない。
しかし、とっかかりとしては非常に有効でしょう。

税理士になったら、プロとしてのプライドは持っても、資格に縛られることは決してしたくないものです。
ITコーディネータのような気持ちで、お客さんの会社をより良くできたらな、と思っています。