銀行の各種手数料を節約するには

私は、メインの銀行としてみずほ銀行を使ってます。
近年はネットバンクも台頭してますが、10年ほど利用しています。
その理由は、やはりメガバンクならではのメリットが大きいためです。

・実店舗が家や職場の近くにある
・ほぼ全ての証券会社の即時入金に対応している

等々。住信SBI銀行をメインで利用しようかと思ったこともありましたが、証券会社の即時入金には対応してないことが多いため、メインとすることを断念しました。

しかし、馬鹿にできないのが、ATMからの出金手数料、あとは振込手数料です。
出金手数料は最大216円、振込手数料は最大432円にもなるのです。

でも、みずほ銀行では、これを節約するテクニックがあります。
それは、「みずほマイレージクラブ」の会員になることです。会員となれば、回数は限定されますが、各種手数料は無料となります。

しかしやはり、みずほマイレージクラブの会員になるには「取引条件」というものがあり、誰でも簡単に手数料を無料にできるわけではありません。例えば、振込手数料を毎月4回まで無料とするには、クレカの利用を年間100万円以上、投資信託等を保有する、住宅ローンなどを負う、又は口座に500万円以上お金を置いておく、等、一見この条件を突破するのは難しいように見えます。

しかし実は、これの一部には穴があり・・・
その「投資信託等」には、外貨預金も含まれるのです。
つまり、1ドルでも残高があれば、セブンATMからの入金手数料や、振込手数料を、月4回まで無料にできます。

みずほの外貨は最低取引単位が10なので、1ドルだけを買うことはできません。
そこで、11ドル買って10ドル売ることで1ドル余るので、それだけを口座に置いとけばいいのです。
そうすることで、この制度が続く限り、みずほ銀行の手数料を半永久的に節約することができます。
外貨の購入・売却に係る手数料はかかってしまいますが、長い目で見れば大したことはないはずです。

みずほをメインとしていて、銀行振込をやることが多い人には、オススメのテクニックです。